,

ドライコンテナ / Dry Containers

ドライコンテナは、最も一般的で最も多く流通しているコンテナです。鋼鉄製で身近な生活物資から工業製品・産業物資まで、大多数の一般貨物に幅広く利用されます。様々なサイズのコンテナがございます。 コンテックでは、設計、製造、販売(新造・中古)、レンタル、リース等のサービスをご提供致します。

スタンダードサイズ【主要諸元】

10フィート

サイズ外寸 ( 内寸 )
全幅(mm)2438(2318)
全高(mm)2591(2366)
奥行(mm)2991(2923)
面積・容積
床面積(m2)W x L:6.7
内容積(m3)W x H x L:16.0
重量
自重(kg)1520
最大積荷重量(kg)8000
最大総重量(kg)9520
開閉時

12フィート

サイズ外寸 ( 内寸 )
全幅(mm)2438(2318)
全高(mm)2591(2366)
奥行(mm)3658(3590)
面積・容積
床面積(m2)W x L:8.3
内容積(m3)W x H x L:19.7
重量
自重(kg)1700
最大積荷重量(kg)8000
最大総重量(kg)9700

ドライコンテナはコンテック標準仕様の場合の重量です。鉄板の厚み・フォークポケットの形状・数量等で変わります。

12フィートワイド

サイズ外寸 ( 内寸 )
全幅(mm)2438(2318)
全高(mm)2591(2366)
奥行(mm)3715(3647)
面積・容積
床面積
(m2)
W x L:8.4
内容積
(m3)
W x H x L:20.0
重量
自重(kg)1760
最大積荷重量
(kg)
8000
最大総重量
(kg)
9760
20フィート開放時

20フィート

サイズ外寸 ( 内寸 )
全幅(mm)2438(2350)
全高(mm)2591(2393)
奥行(mm)6058(5898)
面積・容積
床面積
(m2)
W x L:13.8
内容積
(m3)
W x H x L:33.2
重量
自重(kg)2450
最大積荷重量
(kg)
28030
最大総重量
(kg)
30480
20フィート

40フィート

40フィート
サイズ外寸 ( 内寸 )
全幅(mm)2438(2352)
全高(mm)2591(2393)
奥行(mm)12192(12034)
面積・容積
床面積(m2)W x L:28.2
内容積(m3)W x H x L:67.7
重量
自重(kg)3790
最大積荷重量(kg)26690
最大総重量(kg)30480

40フィート背高

40フィート 背高
サイズ外寸 ( 内寸 )
全幅(mm)2438(2352)
全高(mm)2896(2698)
奥行(mm)12192(12034)
面積・容積
床面積(m2)W x L:28.2
内容積(m3)W x H x L:76.4
重量
自重(kg)4100
最大積荷重量(kg)26380
最大総重量(kg)30480

お問い合せ

TEL099-206-3939
FAX099-806-2255

最寄りの営業所でもお受けしております。お気軽にお問い合せ下さい。


関連商品

  1. JR貨物鉄道輸送用 私有コンテナ

    株式会社コンテックではJR貨物鉄道輸送で使用する私有コンテナの企画・製造を行っております。経験豊富な専門家がコンテナの企画・関連手続き、製造まで一連のサービスをワンストップでご提供致します。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

  2. 鮮度保持コンテナ

    昨今、貨物を低温に保つだけではない、新技術による鮮度保持技術が開発されております。コンテックでは、それらの技術を搭載したコンテナもご紹介しております。レンタル、リースも可能です。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

  3. コンテナ型セミトレーラーセット

    【1】海上コンテナ 【2】コンテナシャーシ【3】MG(発電機)を組み合わせたセットです。トレーラーヘッドと切り離しRORO船等で輸送が可能な為、モーダルシフト輸送に対応しており、CO2排出量削減やドライバー不足解消のソリューションとなる輸送ツールです

  4. コンテナシャーシ / Container chassis

    コンテナ専用のセミトレーラーです。貨物の重量、利用用途に合わせて軸数(2軸、3軸、リフトアップ等)を選択可能です。

  5. トランクルーム用コンテナ

    株式会社コンテックではJIS規格鋼材を使用したトランクルーム用コンテナをご提供可能です。これらのコンテナは 建築確認申請が可能です。

  6. リーファーコンテナ用発電機 / Motor Generators

    陸上輸送中のリーファーコンテナに電源を供給する発電機です。コールドチェーンには欠かせない周辺機器で、ますます需要が高まっています。

ページ上部へ戻る